2016年12月30日金曜日

1年間ありがとうございました! <森田>

あっという間に1年がすぎました。

今年はカンボジアの拠点と、石川の拠点の移転が決まり、その準備という大きな節目。
通常業務をこなしながらの準備など、いろいろと大変な年でもありました。

今年はまた、ミャンマーから来日された研修生のサポートをさせていただきました。

この12月はお2人とも、日本語検定試験にトライされました。
そしていよいよ2人の帰国の日がきました。
ミャンマーからの研修生ガッツさんとタッパーさん
帰国の前のお二人の写真をとらせていただきながら、
立派に成長された姿に、なんだか涙が出そうになりました。

私は、昨年来日された時から特にタッパーさんと多くかかわらせていただきました。

昨年12月一度来日されましたが、日本語の覚えも悪く、何回伝えても伝わらない。
一生懸命さは伝わって来ますが空回りしているような状況。
ものすごい食べっぷりなども、どこか我が二男とにているところもあり、わが子を育てているような感覚でした。

正直彼は大丈夫か、どうなることか・・・そう思いながらスタートしてもう1年。
その日がこの間のことのように思われます。

その後、福山での研修、石川の拠点での研修、カンボジアの拠点での研修、
何度か行き来しながらも、倉敷での今年度最後の研修を終えられました。
会うたびに、顔つきもしっかりされ、日本語も上達されました。

主人も福山で農業の研修にかかわらせていただいただけに、
彼の成長を楽しみに見守っていましたので、見送りに立ち会えてうれしそうでした。
ウィンさんの運転で空港に発たれました!
人の成長の可能性は無限だということ、
最初の状況で人をきめつけたりしてはいけない。
私は彼を通じて、そう思いました。
いろんな面で本当にたくましく成長されたとおもいます。

それは日本人であろうがミャンマー人であろうが同じこと。

17歳で国境を越えて、言葉も話せない中で、来日した、ミャンマーの田舎の男の子。
ウィンさんという先輩が身近にサポートしてくれているとはいえ、一人やってきて本当に大変だったとおもいます。

将来ミャンマーのために、村のために貢献したいという青年たちの思いは強く、とても立派です。
その思いに、私たちもいい加減な気持ちでは関われません。
真摯に向き合わなくてはいけないと、いつも思います。

ミャンマーの青年たちはどこか、古き日本人の考え方に思うときがあります。
両親を尊敬し、謙虚で、本当に何事にも一生懸命です。

今の日本人、特に若者には忘れられたよきものを持っていると思います。

今、福山の拠点で活動をしていて、お年寄りと接することが多いのですが、過疎化も進んでいる、この地域のお年寄りたちともっと接することができれば、お年寄りたちも元気になるにちがいありません。

日本の若者たちも交流できる場があれば、彼らに刺激を受けるにちがいありません。

私たちが日々励んでいるように、彼らも今自国で頑張っておられます。
今回の日本語検定も、3級と4級の受験です。
まだまだこれから彼らの勉強は続くと思います。

また日本に来られることもあるかと思いますが、
その日を楽しみにしています!!

男性陣による門松づくり
さて、お正月前に倉敷では、男性ボランティアにより門松作りです。

GHSは、みなさんのご協力のおかげでなんとか今年も1年を無事に終えることができました。

みなさん1年間ありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

2016年11月29日火曜日

名古屋国際協力展示会 <森田>

11月26.27日と名古屋にてガユーナ・セアロ師のプログラムが開催され、
会場にて、国際協力展示会を開催させていただきました。

会場には、岡山から陽月堂さんのココナツオイルで焼いたパンが届き、
また石川の方より、地元のレンコンや、お餅などをご寄附いただき、
狭い会場ではありましたが、皆様のお心が集まり、熱気はすごく、
いろいろと展示、ご紹介することができました。

アイテムの説明に、ついつい熱く語るオラです!
 アイテム一つ一つにそれぞれに関わってくださった方々の思いがあり、ここに来るまでそれぞれのストーリーがあります。

GHSはその思いをつなぐ役割でもあり、ついつい熱く語ってしまいますが、
参加されたみなさん、熱心にきいてくださいました。

 27日は講話会です。会場を移動しての展示です。
朝早くから、たくさんの現地のボランティアのみなさんが来てくださり、
おかげさまで移動から、設置までとてもスムーズにいきました。

郵送で届いた音響器具は、梱包を開く所からです。

今回は音楽の奉仕も。

パネルにての活動報告もきれいにレイアウト!
いつもはギリギリまで展示物をレイアウトしたりと、バタバタなのですが、
朝早くから会場入りしたおかげと、これだけのスタッフのみなさんの参加のおかげで、
1時間前にはセッティング、準備が終わり、
お茶コーナーでスタッフがゆっくりお茶をすることができました。


 準備万端でのお迎えです。

展示会場はとても和やかでおちついて、みなさんとゆっくりとお話もできました。

ご協力いただいたスタッフのみなさま、ありがとうございました。

2016年11月8日火曜日

奉仕研修サポート <森田>


11月3日~6日、倉敷市山地にて、奉仕研修リトリートが開催されました。

今回は、奉仕の心と平和な心を育てるための学習会や研修事業として、
GHSメンバー4名もサポート参加させていただきました。
それぞれに担当したところのご奉仕をしては、
反省点、気づき、感想などをシェアしあったり、しながら、
それぞれ自分と向き合いながら奉仕体験をされておられました。
玄関も拠点の顔、大事ですね。
厨房は時間との戦い。いつも活気づいておりました。
早朝からの清掃奉仕

アイロンかけも丁寧に。

ミャンマーの研修生も研修に加わり、一緒に学ばれました。
講師の方より、『奉仕は次の自分、次の人の為でもあり、
次の方が、どうすれば気持ちよく使えるかを考えながら』
とのお話をいただきました。
すべてにおいて心をこめてすることの大切さを学ばせていただく、
よい機会になったのではと思います。

休憩時間には、活動の紹介やアイテムの紹介などをさせていただきました。

今後も拠点を生かして、このような講習会が開催されるよう、
サポートをさせていただきたいと思います。

2016年11月1日火曜日

府中展示会 <森田>

久々に、府中の古民家でのサロン会場にて、展示会をさせていただきました。

嬉しかったのは、オーナーの祐子さんだけでなく、
今回の演奏家のお二人も、ロンジーで演奏してくださったことです。
支援活動のことも、みなさんに紹介していただきました。
 
3人ともそれぞれぴったりのロンジーを探されて、とてもお似合いで、
また演奏も素敵で、とても輝いておられました。

参加の男性も自分の協力できることがあればということで、
唯一男性にも合うワークエプロンを!
いつも活動の話を熱心にきいてくださいます。
 
こちらの方は、前回ご協力くださった、チュニックを着てご来場くださいました。新たにワークエプロンにご協力くださいました。

ご協力ありがとうございました。

2016年10月13日木曜日

10月東京国際協力展示会に参加 <横田>

昨年に引き続き、今年も東京都杉並区内にて、つながりのある仲間ST研究会さんが主催する平和学習会に参加させていただきました。会を開催するにあたり、何か月も前から準備、告知などを主催者や担当スタッフと共にすすめていきますが、昨年より更に、お互いのコミュニケーションもとれ、それぞれができることを力を出し合って協働できたと思います。

講師をお招きしての平和学習会を運営するにあたり、あらゆる準備が必要ですが、回数を重ねるごとに、スタッフの意識も高まり、またそれが係るスタッフメンバーにもよい影響となって、初めてスタッフ参加する方、経験者スタッフとの連携もとれ、心の平和をつなげ広げていくというひとつの目標に一致団結して取り組めたと感じます。


会場をご提供くださるスタッフは、ご家族との生活の中で、宿泊するスタッフや会場としての準備など多岐にわたる働きで、係るみなさんが心地よく働けるようサポートしてくださり、有難い限りです。

今回は、会に初参加される来場者も多く、心の平和を求めてたくさんの方々にご来場いただけました。スタッフである私達は、講師のようなお仕事はできないけれど、自分たちができる最大限を尽くすことにより、ご来場くださる皆様へ、心の安らぎや次への歩みのきっかけになる機会をご提供できたと思います。
また、何よりうれしかったのは、会を主催したスタッフがまた来年もこうした会を開催したいという希望をかかわったスタッフの前で発言されていたことです。
ひとりの希望の力がまた来年に向け、周りのスタッフへもあらたなやる気としてつながっていくことが期待できます。

ご来場いただいた方には、国際協力の啓発につながる作品展示をご紹介させていただき、作品の作成プロセスやかかわるアジアの仲間のお話を伝え、喜びながらご協力をいただける機会をいただけましたことを心より感謝いたします。


継続は力なり。。志を共に歩む仲間と地道に、平和への架け橋事業を継続させていくことが大切だということを実感できた数日間でした。


2016年9月26日月曜日

久々の展示会 <森田>

大変ご無沙汰しております。
今年の夏は、拠点の移転準備にあけくれておりましたが、気づけばもう秋ですね。

24,25日の2日間は、ミャンマーからお帰りになったばかりのセアロ師をお迎えして、ワンハート広島さん主催のプログラムが開催されました。

会場にて、展示会と活動紹介をさせていただきました。

24日の会場の様子
初めてのロンジー試着












25日は、午前中の交流会に参加されたみなさんには、新拠点準備の様子をスライドでみていただきました。


倉敷市山地の写真をみていただきました。
有志のみなさんが、福山くまの園にて作ったお米を使って早朝から
お弁当を作ってくださり、参加者のみなさんや、スタッフ約20名に召し上がっていただくことができました。







そのほかにも、参加される皆さんがそれぞれ手持ちされたお菓子や、家で準備していただいたお茶菓子やお弁当、飲み物などを持ち寄られてそれぞれにご協力、ご寄付いただきました。
みなさんそれぞれ手作りや、ご当地のお土産でご協力
新進音楽家のサミーさん
 参加される皆さんが、食べるもの、縫ったもの、音楽など、
いろんな形でご協力くださり、久々の展示会がとても充実したものになりました。

朝早く起きて作ってくださったお弁当、
赤ちゃんをつれながらも、自宅でミャンマーのココナツオイルを使って焼いたパン、
ご自身のお店で焼いてこられたスコーンなど、
皆さんお忙しい時間を割いてご協力いただくお気持ちが、とてもとてもうれしく、味わい深くいただきました。
ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

2016年7月2日土曜日

アジア日本協働事業opportunityショップ セダナJAPAN終了

この度、カンボジアから日本国内への拠点移動に伴い、カンボジアでのセダナJAPANは終了させて頂きました。
オープンしてまもなくの頃2013年5月
とても役立った看板



これまでたくさんのご協力、ご支援をありがとうございました。

DACC設立2年目の取り組みとして、地元NGOと協働で、日本の「おもてなしの心」「感謝のこころ」を感じてもらいながら、アジアの手作り雑貨、日本の便利品などを提供し、品質管理など信頼関係を築く大切さを体感してもらい、一方で日本語教室を開催し(無償)、日本語学習を通じた奉仕活動から、自ら行動して地元地域を良くしていこうと行動できることを目指して始まりました。
建設中の頃 2013年4月
オープン初日2013年5月
地元の子供たち
  
軽食もお出ししていました

日本語教室
奉仕活動

開店すると地元の人が集い、子どもたちが立ち寄り、お手伝いをしてくれるお店となりました。
日本人ボランティアによる水質改善と消臭を目的とした微生物活性酵素液「マイエンザ」の活用や洗髪、歯磨きなどの衛生改善につながる活動も実施することができました。カンボジアの皆さんが継続して実行されることを願います。
マイエンザ作り2014年5月
シャンプー講習2015年2月
歯磨き講習2015年8月

将来はカンボジアの青少年の自立職業訓練の場としても活用されることを望み、それは叶いませんでしたが、最終までミャンマーの青年が一所懸命、セダナJAPANを通して実践勉強をされていました。

また、カンボジアに奉仕の心を学びに来られた日本人にも直接日常で関わり、人々の心と生活の豊かさにつながるような体験して頂いたり、
ミャンマー縫製プロジェクトの縫製研修にも研修内容の一環として体験して頂くこともできました。
2013年8月奉仕リトリートより
ミャンマー縫製プロジェクト 縫製研修中2014年4月
物を大切にすること、物を通して、人とのつながりを感じること、日本とアジアを結ぶ架け橋事業としてたくさんの学びがありました。

いつも大賑わい
最後は1日に何回も来てくださるお客様も数人ではなく、「何か困ったことがあったら呼んでください」「寂しくなるねー」と片付けを手伝ってくださりありがたい思いでした。

募集品を集めてくださった皆様、届けてくださった皆様、関わってくださった皆様に全てに御礼申し上げます。
最後にいつも買ってご協力してくださる大家さんとご一緒に(鍵の引き渡し)

ありがとうございました。
引き続き、新拠点の改修・準備も着手しだしました。これからも活動のご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。


最終日の様子はこちら


<Reporetd by TOMIKO>

2016年5月6日金曜日

5月東京プログラム 国際協力展示会に参加して<大久保>

こんにちは!登美子です。
ココナツリトリートに引き続き、場所を府中Leiさんに移動して、国際協力展示会を3日間開催させて頂きました。

Leiさんの素敵な空間にアイテムを並べさせて頂き、ゆったりとご覧になって頂きながら、活動紹介をさせて頂くことができました。

大人気のCOCOWINさんのココナツオイルです
丁寧にプロジェクトの説明をするスタッフ
ワークエプロンはいつだって大人気です!
今回は自立を目指すミャンマーの村支援につながるココナツプロジェクトに関心を寄せて頂き、たくさんのご協力を頂きました。ご協力の御礼となるココナツオイルには、さらにミャンマーより持ち帰られた蜂蜜を少し加えることができ、ご協力者は非常に喜ばれていました。

また、福山より、手間と心を込めて作ったもち米の良さを知っていただこうと、お餅につくりかえて、ご紹介させて頂きましたところ、非常に好評を得ました。

福山よりつきたてのお餅です
ひとつひとつの工程を丁寧にすることの大切さを共有させて頂きました。

さらに会を通してお世話人でもある東京奉仕団の皆様には大変ご協力を頂きありがとうございました。これまでの皆さんの培われたつながりを感じ、学びや気付きが活かされ、間違っても、すぐに方向を転換できる素直な行動に見習わせて頂く点が多かったです。見えないところでスタッフでなくてもスタッフとして働かれる方も多く、人の温かさを感じさせ、皆様に支えられてこういったプログラムが成り立つことを改めて感じることができました。

スタッフの皆さんが明るく、常にとても楽しそうでした。
参加者の皆様からも、「温かく迎えてくださりありがとうございました」とお礼の言葉があり、穏やかな時間が流れていました。
Crystal Angelのハンドセラピー&カードリーティングも盛況
最終日には自立支援プロジェクトのひとつであるミャンマー縫製プロジェクトのエーエーさんが会場に顔を出してくださり、エーエーさんが作られたアイテムなどのお話になり、和やかな一時となりました。

この度もたくさんのご協力をありがとうございました。今回のつながりを次にいかさせて頂こうと思います。ありがとうございました。


<Reported by TOMIKO>