2017年3月28日火曜日

福山市のイベントにて展示会<森田>

昨日は、福山市熊野町まちづくり推進委員会の主催で、一条山わくわく祭りin熊野町が常國寺にて開催されました。
主催の会長さん ごあいさつ
 昨年から始まった熊野町あげてのお祭りです。
主催の熊野町まちづくり推進委員会長さんと、公民館長さんより出店のお誘いをいただき、アイテムの展示と、活動紹介をさせていただきました。

手洗いの屋根下をお借りしてアイテムを展示させていただきました。

おひとりお一人に、シルクショールや、ミャンマーの縫製アイテムを通じて、カンボジアのこと、ミャンマーのことなど、アジアでの活動の話をさせていただき、いままで遠い国とおもっていたけど、話がきけてよかったと言って下さる方もありました。







また、今回は『くまの元気会』さんが、白ごはんを、地元スーパー『クローバー』さんが豚汁を出店されましたので、くまの園で作ったお米と、里芋を提供させていただきました。



自画自賛ですが、豚汁と白ごはんの相性は抜群で
シンプルですが、本当においしかったです!!

白ごはんのブースで大活躍の『くまの元気会』の看板娘さん
 白ごはんは、『ヒノヒカリ』と『恋の予感』2銘柄の詰め合わせにして
食べ比べていただきました。

会場では、音楽演奏、地元の小学生のはね踊り、神楽など
老若男女、町民の方々が大勢参加して盛り上げられました。

福山市の職員さんたち音楽団の演奏

熊野小学校の生徒さん達のはね踊り地元のお年寄りに習うそうです。

福山市に伝わる伝統芸能『いのこ神楽』
 お蔭さまで、白ごはんは早くに完売されたようです。

あと2人分で完売!お疲れさまでした~~♪

ミャンマーティーの試飲していただきながら、ミャンマーの田舎のお話をさせていただきましたが、お茶も初めて口にされる方も多く、
最初は「ほんの一口だけでいいですよ。」といわれた方も、「以外においしいわね~!」としっかり飲んでいただけたりしました。

文化祭にくまさんが何度か出店しているので、
「かっぽう着もってるよ~!」とか声をかけて下さる方もあり
一歩づつの継続が大事だなと実感しました。